葬儀を終えてからも感謝の気持ちを持つこと

葬儀後準備が必要な香典返しのこと

特に急いで即行う必要があるという事ではありませんが、香典返しの準備が必要です。葬儀後から喪明け、つまり49日までに用意すると考えておきます。葬儀に参列していただき、お香典を頂いた方には、即日返しを行う事が多くなっています。葬儀の際、受付にお香典をもっていくとそこでお茶や乾物などが入った香典返しを受け取る事が多くなっていますが、これが即日返しです。

ただお香典の額がかなり多いという場合には、即日返しだけで終わらせることは失礼にあたる場合があります。通常こうしたお返しは半返しという事になるので、半返しとなるように品物を準備する必要があるのです。品物は後に残らないものがいいとされていますが、最近はカタログギフトで選んでもらうことも多くなっています。

香典返しをおくる時には、故人の名、戒名、喪主の名がはいっている挨拶状をつけておくるのが通常です。挨拶状には忙しい中、参列していただいたことへの御礼、またこれからも宜しくお願いしたいという事を書いておきます。

香典を頂くときには会葬帳が用意され、そこに名前と住所を書いてもらいますが、この会葬帳に書かれている住所に、返礼品とお手紙を郵送しても良いです。お返しは送り忘れがないように、丁寧にチェックして抜けがないようします。