葬儀を終えてからも感謝の気持ちを持つこと

葬儀が終わって納骨はいつまでに行うべき?

故人の葬儀が終わってから様々な手続きなど、必要なことを行っていくと四十九日まであっという間です。悲しみの中、様々な手続きを行い、形見分け等も済ませる必要があり、忙しい毎日になります。お墓がある場合にはいいのですが、お墓がない場合には、遺骨を納めることを考えて、お墓の準備も行わなければなりません。

お墓がある場合は、葬儀が終了し四十九日の追善供養の時、納骨を済ませるという遺族が多いです。ただ、ここまでに納骨しなければならないという決まりがあるわけではないので、気持ちが落ち着いてから、という事でもまったく問題ありません。一般的にお墓がある場合には四十九日に納骨する人が多いというだけです。

お墓がない場合にはお墓の建立に通常3ヵ月程度かかるので、四十九日に間に合わせるのは実質的に無理があります。そのため、百か日の追善供養、一周忌の年忌法要などの際に、納骨を済ませる事が多いです。つまり、納骨の時期は各家庭によって違いますし、お墓があるか、ないか、それによっても違ってくるという事になります。悲しみの気持ちが落ち着かず、またお骨をそばに置いておきたいという方もいますので、気持ちが落ちついてから納骨を考えればいいでしょう。